日経平均連動タイプとTOPIX連動タイプ

日経平均とは、各業種を代表する銘柄から構成される指数で、225銘柄からなります。そのために日経225と呼ばれることもあります。いくつかの業種に分けられていて、それらの業種の中から業界を代表するような銘柄をピックアップします。計算方法についてですが、これは株価平均型と呼ばれる算出方法で、銘柄によってウェイトが異なります。そのためにウェイトの高い銘柄によって左右されやすいという傾向はあるのです。具体的には輸出関連企業の影響を受けやすいという傾向はありますから、為替レートに対しても敏感に反応するという特徴があります。

 
株価平均型の指数が多く用いられてきた時代から、徐々に時価総額加重平均型の株価指数が世界でメジャーになってきます。このときに東京証券取引所で算出されるようになったのがTOPIXです。東京証券取引所第1部市場の全銘柄の時価総額によって算出されています。ですから、東証1部を代表する指数だと言って良いでしょう。時価総額によって計算を行いますから、時価総額の大きい銘柄に左右されやすいという傾向があります。具体的には、金融関連株の影響を受けやすいという傾向がありますから、どちらかというと金利には敏感です。

コメントは受け付けていません。