東証株価指数と日経平均株価の違い

東証株価指数は、東証一部に上場する全銘柄を採用して計算されているという特徴があります。東証一部というと日本の代表的な企業の全てと考えれば良いでしょう。そのために、日本経済を代表する指数だと考えられるのです。もう一つの特徴は時価総額にもとづいて算出されていることです。つまり、東証一部の時価総額を表した指数だと言えるでしょう。ですから、日本経済の規模を表す指数だとも考えられます。時価総額の大きい銘柄の影響度は強いという傾向があって、具体的には金融株の影響は受けやすいという傾向があるのです。そのため、金利に対する感応度は高いという傾向は否定できません。

 
これに対して日経平均株価は色々な点で違いがあります。まず採用銘柄ですが、東証一部に上場する銘柄のうち、225銘柄を抽出して組み入れています。ですから、構成銘柄の数は圧倒的に少ないと言えるでしょう。時価総額によって組み入れ比率を決めているわけではなく、株価平均型とと呼ばれる方法で算出をしていますから、ウェイトにばらつきがあります。具体的には、値がさ株と呼ばれる銘柄の影響を受けやすいという特徴はあります。また、225銘柄はグローバル企業が多いために、為替感応度は高いという傾向はあります。

コメントは受け付けていません。