日経平均株価の計算方法

日経平均株価は、株価平均型の指数です。額面による調整はありますが、基本的には株価を合計して割るという基本的な平均の算出方法を採用しています。

 
構成銘柄については、東京証券取引所第1部に上場するものから、業種を代表するものを選び出すというほうほうがとられています。自動車なら自動車からの代表を選び出し、食品なら食品から代表を選び出すというようにして組み入れることになるのです。業種を代表する銘柄を組み入れていますから、たいていは時価総額の大きいものとなります。ですから、流動性の高いものが多いという特徴はあります。

 
225個に限定していると言うことですが、どの企業もグローバル企業です。ですから、全体的には為替の影響を受けやすいという特徴はあります。また、値がさ株と呼ばれる一部の企業の株価の影響を受けやすいという特徴もあります。

 
TOPIXと比較した場合には、採用されている企業の数が少ないと言うことから変動は大きいという傾向はあります。先物やオプションも多く取引されていて、海外の取引所にも上場されていますから、世界的に取引されていると言えるでしょう。これによっても取引高が大きくなる傾向があると考えられます。

コメントは受け付けていません。