米国長短金利

米国長短金利とは、その名前の通りでアメリカの長期国債の金利のことを指します。国債そのものは資金調達のために用いられていますから、金利が低下すれば資金調達をやりやすくなります。企業が直接国債の売買をするのではなくて、銀行などの金融機関を通して行う事になるのですが、どちらにしても金利の低下は資金調達を容易にさせます。

 
ですから、景気の先行きを見るための指標だとも言えるでしょう。金利が上昇するとどうなるのかというと、借入をしている企業の利払いが大きくなります。これが企業の利益を圧迫することはすぐに分かる事でしょう。

 
ですから、金利動向がどうなるのかは非常に重要なことなのです。逆に言えば、金利を低く保つことで経済を活性化させることができると考えられます。リーマンショック後のアメリカでは大規模な金融緩和が行われるようになりましたが、この目標の一つが金利の低下です。金利を低下させることによって資金調達を容易にすることができますし、また利払いの負担を小さくする事ができます。これによって設備投資が活性化されて、雇用が回復し、それが景気全体を押し上げると考えられています。これはアメリカだけではなくて、現在の日本でも行われています。

コメントは受け付けていません。