お風呂で日頃の疲れを取る方法

疲れがたまってるなぁと思ったとき、『ゆっくりお風呂に入って疲れを取ろう』という人がいます。

本当にお風呂は、疲れをとる効果があるのでしょうか。

疲れをとるという目的でお風呂に入るのなら、お湯の温度は38℃~40℃の少しぬるめにします。

熱すぎると交感神経が刺激されてしまうので、リラックス効果が期待できなくなってしまいます。

38℃~40℃のぬるめのお湯に、20分~30分くらいゆっくりとつかりましょう。

休息やリラックス効果といった働きのある『副交感神経』を刺激することが出来るのです。

お風呂の効果は、それだけではありません。 温まることで血行が促進され、疲れて固まった筋肉をほぐしてくれます。 お風呂で温まりながら、疲れを感じる部分(足など)をやさしくマッサージしましょう。

また、特別マッサージしなくても、首までお湯につかることで『水圧によるマッサージ効果』を得ることが出来るのです。

なんと、お風呂の中で全身にかかる圧力は520Kgにもなるそうです。

お風呂の中では均等に圧力がかかっているため、自覚していないだけなのです。

血液を心臓に押し上げる力が働くため、むくみの改善や疲労の回復に効果があるのです。

お風呂はただ入るだけでも十分疲労回復効果がありますが、好きな香りの入浴剤やアロマなどを入れるのも良いと思います。

ラベンダーやシトラスの香りはリラックス効果もありますので、疲れをとりたいときにはおすすめの香りです。

もしお風呂だけでは、疲れが完全に取れないという場合は疲労回復に効果のある「にんにくサプリ」をおすすめします。

疲労回復に効果のある飲み物はどれ?

疲れを感じているとき、身体は酸素が不足していて、脳は糖分が不足しています。

酸素が足りないために血液循環が悪くなり、筋肉が緊張してしまいます。

また、頭を酷使することで脳のエネルギー源となる糖分が不足し、疲れを感じるようになるのです。

つまり、疲労回復には『酸素と栄養』が必要なのです。

酸素は血液によって運ばれます。

血液は水分が必要不可欠ですから、疲労回復には『水分補給』が欠かせません。

このとき、冷たい水は身体を冷やして筋肉を固くしてしまいますので、必ず『常温』のものを飲みましょう。

疲労回復のためには1日2~3リットルの水が必要なのですが、一気に飲むのではありません。

30分おきくらいに、コップ一杯分飲むようにしてください。こまめな水分補給が大切なのです。 また、一時的に疲れを忘れたいのなら、『カフェイン』の含まれたコーヒーや緑茶がおすすめです。

カフェインによって交感神経が刺激されますので、一時的に疲れを忘れることが出来ます。

しかし、疲れを忘れるだけで根本的な疲労回復にはなりませんので、あくまでも『応急処置』として考えておいてくださいね。

疲労回復には、酢・はちみつ・りんご・みかんなどを使った飲み物がおすすめです。 疲れをとると言われているクエン酸を補いましょう。

黒酢ドリンクやりんご酢ドリンクなどは飲みやすいので、疲労回復に効果的な飲み物だと思います。

疲労回復のためだけでなく、疲れをためないための予防としても、このような飲み物は効果的ですよ。

さらに効果を高めたいという人は、疲れが取れると評判の「疲労回復サプリ」をおすすめします。 ニンニクパワーで疲れ知らずになれますよ。